トップページ > 講座・イベント> 調査研究及び学習プログラムの開発・普及 
調査研究・学習プログラム開発

生涯学習推進に係る調査研究を実施し,その結果をまとめ,実践事例集を作成します。
また,新しい学習プログラムを開発し,実践します。
 

平成31年度 調査研究及び学習プログラム開発・普及

県域の生涯学習の現状を調査するとともに,様々な現代的・地域課題を解決させるため効果的なプログラムの開発や市町村への普及を図る。

1 開発部会
(1)公民館・市民センター等の活性化のための支援プログラムの開発と普及策(防災・安全)
(2)地域の課題に対応するための支援プログラム開発と普及策(自治会・子ども会・高校生会等の活性化)

2 検証部会
(1)公民館・市民センター等の活性化のための支援プログラムの開発と普及策(公民館・市民センター等職員の資質向上)
(2)地域の課題に対応するための支援プログラム開発と普及策(少子・高齢化)

3 調査,提供部会

4 委員会の開催
 

「つくる、とどける、ふりかえる」やってみよう講座企画(平成28年3月発行)
編集:生涯学習調査・学習プログラム開発委員会

発行:公益財団法人茨城県教育財団茨城県水戸生涯学習センター

仕様:A4サイズ36ページ

 

(ダウンロードはこちら
PDF 7.2MB

 


「講座ってどうやって企画するんだろう?」

「講師の先生はどうやって探せばいいのかな?」

「企画したけどどうして人が集まらないんだろう?」

本書は初めて「学び」の場(講座)を企画する方に向けた
ハンドブックであるとともに、すでに何度も企画をしている
方へのふりかえりにもなるようにと作成しました。

 

公民館や市民センターや地域や学校や職場で、講座や
イベントを企画する時にぜひお役立てください。

 

どなたでも自由にダウンロードすることができます。

 

 

 

  調査研究のページはこちら >>  生涯学習研究開発-調査報告書-

  学習プログラム開発のページはこちら >> 生涯学習研究開発-学習プログラム開発

  平成27年度調査研究・学習プログラム開発はこちら