管内市町村生涯学習関連施設




   

笠間市        ひたちなか市

茨城町    
 小美玉市

 
 
 
 
 現在、社会構造や働き方が大きく様変わりしていることや、人生100年時代の到来により、生涯にわたって新しい知識・スキルをより高めていく必要が求められています。
 そこで、県民大学講座が、これまでの趣味・教養等を含めた幅広い講座内容から、ICTの活用など新しい技術を学ぶ講座や地域の課題解決に向けた講座などの現代的課題の対策となるような内容の講座に変わります

 


**講座詳細や受講申込み等は、
こちら(現代的課題対策講座)


新型コロナウイルス感染症対策についてはこちら
 ⇒ 
安心安全の講座運営のために

 

◎令和2年度 県民大学講座 

 講座名講座内容 

茨城再発見の地域学
日立鉱山と秋田・山口をつなぐもの
ーふるさと茨城を地域学の視点と、鉱山文化や人々の営みからさぐるー

 ふるさと茨城の地域自慢と再発見。常世の国と言われた茨城の自然や生活・文化、歴史、伝承などに目を向けていきます。人々や文化の流動、産業・技術の交流によって生み出された茨城・秋田・山口の深い結びつきを、地域学の視点から探ります。

映像で語る遺伝子・DNAの世界
 20世紀最大の発見の一つ、「遺伝子・DNA」は、日々 新聞やテレビで目にします。
 そもそも、遺伝子・DNA とは何か?今さら聞けない機能や構造を、映像や資料を駆使して分かり易く解説する事を通して、遺伝子がガンなどの医療や日本人のルーツなどを探る科学研究にも役立っていることを学びます。
 講師は、国際的に放送されたNHKスペシャル「驚異の小宇宙 人体〜遺伝子・DNA〜」の元統括プロデューサーです。



ワールドニュース2020 
ジャーナリストから
学ぶ世界の大問題

 世界各地の現場や国際会議を取材してきたジャーナリストが“今、日本人が知っておくべき世界の環境や開発に関する問題”を分かりやすく徹底解説!
 これまで知らなかった事実や背景を学ぶことで、ニュースの見方が変わります。
 2020年の世界が抱える“国境を越えて、国際社会全体で取り組まなくてはならない課題”について、日本の役割と私たち一人ひとりが今できること、すべきことは何かを考えます。


新紙幣の顔
近代日本社会の創造者 
渋沢 栄一



 新1万円札の顔に決まった渋沢栄一。2021年の大河ドラマの主人公にも選ばれ注目を集めています。
 日本の近代経済社会の礎を築き“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一とは、いったいどんな人物だったのか。
 幕末から昭和初期の激動の時代に翻弄されながらも、常に理想を持ち、未来を切り拓いた波乱万丈の生涯を振り返り、その生き方・思想からこれからの日本のあり方を考えるとともに、水戸との縁についても学びます。


AIと人間の共存

 AI(人工知能)については、家電製品、ロボット、自動車、ゲームなど様々な分野で使われ、今や人間社会に深く入り込んでいます。
 AIとの共生社会を築くために必要なことは一体何か。
本講座では、AIに関する基礎知識やこれまでの歴史、現状等について事例を交えて紹介します。暮らしを支え、生活をより便利にするAIの進化について学んでみませんか。

<7/28更新>講師の都合により、10/6に予定しておりました講座は、10/20に変更となりました。


ユニバーサルデザインがひらくこれからの未来


 東京2020オリンピック・パラリンピックのレガシーとして、ユニバーサルデザインのまちづくりと心のバリアフリーを推進する動きが高まっています。
 この講座では、基本的な考え方や取り組みについて学び、誰もがより快適に生活できる社会の形成について、まちづくり・住宅環境など様々な観点からアプローチします。
これからのユニバーサルデザインのあり方と可能性について、一緒に考えてみませんか?

                                                                                                                                                                                
 
これまでの県民大学をプレイバック!
過去の講座内容をプレイバック!各年度をクリックすると、詳細をご覧いただけます。

 平成27年度県民大学講座 平成28年度県民大学 平成29年度県民大学
 平成30年度県民大学_前期 平成30年度県民大学_後期 令和元年度県民大学_前期 令和元年度県民大学_後期
 

茨城県水戸生涯学習センター

〒310-0011 茨城県水戸市三の丸1-5-38 茨城県三の丸庁舎3階
TEL / 029-228-1313  FAX / 029-228-1633
休所日 / 月曜日※祝日の場合はその翌日・年末年始(12/29 ~ 1/3 )